歌舞伎町の風俗で5万円ぼったくられた話

どうもアスミです。

先日プチぼったくりの記事を上げたところ、周りからいくらか反響を頂けました。

立川のプチぼったくり居酒屋の被害と実名を公開!【実体験】

今思い出しただけでも腹立たしい!

しかし実はこの一件でプチぼったくりに合う数日前、僕は別の件で”プチ”ではない本物の”ぼったくり”を経験していました。

被害額はなんと50,000円。

ニートにはあまりにショックが大きすぎたので投稿していませんでしたが、傷が癒えたので投稿します…。

ぼったくりにあった経緯

舞台は新宿歌舞伎町!

被害にあった場所は東洋一の歓楽街、新宿は歌舞伎町。

僕はこの日も友人との飲み会を23時まで楽しんでいましたが、良くある話で僕だけ終電を逃してしまいました。

友人たちを見送り、さてどこかに宿を見つけなければと歌舞伎町を散策します。

しかしこの日の飲み会はそれなりにお酒は入れていたので、この時点でかなり酔っている状態です。

そしてそんな状態で煩悩溢れる歌舞伎町の魔力に勝てるはずもなく…。

キャッチに連れられガールズバーへ

時刻は23時過ぎ。

気が付いたらガールズバーです。

キャッチのお兄さんに1時間2,000円と言われ、まぁそれくらいならばと入店してしまいました。

さてここで本題のぼったくりにあうかと思いきや、意外にもここでは無事2,000円で終了。

可愛い女の子達とキャッキャウフフの会話を楽しんだ後、ご機嫌で退店しました。

キャッチに連れられホテヘルへ

飲み終わりにガールズバーで可愛い女の子とお喋りしちゃえば、その後は男子諸君ならわかりますよね!?

お約束の風俗タイムです。

ガールズバーでの良心的な対応に気を良くした僕は、飛んで火に入る何とやらの如く、再び先ほどのお兄さんに話しかけます。

お兄さん、全てを悟っていたかのように素早くホテヘルを紹介してくれましたが、ここで前金35,000円を払って欲しいとのこと。

何も疑わずに前金を払う子鹿のような僕。

この時点でおかしいと思うべきでした…。

ここはどこ!?

お兄さんに紹介されたホテルに入りますが、案内された空間に絶句です!

そこには個室が無く、パーテーションのようなもので区切られた、まるで漫画喫茶を広くしたような空間が…!

パーテーションの中は一応それなりの広さはありますが、ベッドがあるだけで、とてもホテルとは呼べる代物ではありません。

酔っていた僕も流石に不安になってきましたが、お酒の力と性欲には勝てませんでした。

腹を決めてまだ見ぬ美女の登場を待つこと20分。

流石に遅すぎると痺れを切らしたその時、パーテーションのドアが静かに開かれました…!

BBA☆登場!

「どうも〜☆」

現れたのはとんでもなくブサイクなBBAでした!

年齢恐らく45歳、ハリセンボン春菜を10回ほど殴ったような顔をした麗しきBBAがそこに立っていたのです!

まさかの展開に恐れおののく僕ですが、それを尻目にBBAは静かに僕の横に腰掛けます。

キャンセル料15,000円!?

BBAは神妙な顔で語りかけてきました。

「どうしてきたの?」

今にも『ここに居てはいけない!すぐ戻れ!』と千と千尋の○隠しの名言が飛び出しそうな雰囲気です。

何も言えない僕にBBAは続けます。

「騙されたのね。早くキャンセルしないと!私に任せて早く帰りなさい!」

何が何だかわかりませんが、どうやらここにいると怖いお兄さんたちが押しかけてくるということです。

酔いも覚め、BBAの言われるがままに撤退することに。

すかさずBBAから「キャンセル料は15,000円ね!早くしないと逃げられなくなるよ!」

……え?あ、ああ…はい。

街に放り出され…

勢いとBBAの剣幕に押され、半ば強制的に15,000円を払いその場をあとにしました。

歌舞伎町の中心地までたどり着き、一息ついた時にようやくアタマが働き始めます。

…いや、先に35,000円払ってるのにキャンセル料ってなんだったんだ?いやその前に35,000円高すぎだろ!あ、騙されたのか!

その騙して来たキャッチの兄ちゃんの姿も見当たらず、財布の中は空っぽ。

いくら悔やんでも後の祭り。

なけなしのお金をATMで下ろして漫画喫茶で世を明かす羽目になりました…。

この日の総出費

◆飲み会:3,000円

◆二次会:2,000円

◆ガールズバー:2,000円

◆ホテヘル:35,000円

◆キャンセル料:15,000円

◆漫画喫茶代:1,000円

総額:58,000円

死にたい☆

まとめ

今回の敗因は間違いなくお酒を入れたことによる判断力の低下と性欲の上昇ですね(笑)

キャッチのお兄ちゃんも、ガールズバーで客に勢いをつけさせて、なおかつ信用させた後にカモるという高等テクニックを披露してくれました。

いやぁ、歌舞伎町恐るべし!

皆さんもお酒を飲んだ時こそ、気を付けましょう!

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする